負担内容を把握|1円でも原状回復工事を安くするためには減額交渉業者に相談を!

1円でも原状回復工事を安くするためには減額交渉業者に相談を!

男女

負担内容を把握

空き部屋

賃貸を引き払う際に、室内を元通りに戻すためには原状回復が必要となる場合があります。どんな賃貸物件でも、契約書面には原状回復に関する文言が載っています。建物の価値を落とさないために行なう必要がある原状回復でも、貸主と借主のどちらに負担がかかるのかが分かりにくくなっています。一応、原状回復のガイドラインには、通常の使用を超えた場合と記載されていますが、どのあたりまで超えてしまったら必要になるのかが不透明ですね。また、貸主と借主のどちら側に負担がかかるものとなるのかが分かりにくいものです。退去時に、オーナーとのトラブルを回避するために、原状回復に関することを把握しておきましょう。

一見、原状回復は借主が全額負担しそうなイメージを抱いてしまいますが、一概にそうとは言い切れません。実は、貸主側が負担するものもあります。どのようなものかというと、日光による床の変化やすでに備え付けてある電気設備の故障です。また、テレビや冷蔵庫の設置場所に生じた電気やけ部分、家具を設置した箇所に生じたへこみです。また、新しい入居者を確保するために必要な清掃作業も貸主負担となります。部屋をきれいにするための清掃活動や、ちょっとした箇所の整備に関しては、貸主側に負担がかかるのです。

借主側に負担がかかることは、引っ越し作業中に壁や床に生じた傷、たばこやお香による床の焼け焦げ、ヤニによる壁の変色です。用途違反、手入れの怠りによって生じた傷や汚れが確認されたら、借主に負担がかかります。これらのことを把握しておけば、賃貸退去の際の原状回復トラブルを回避しやすくなります。